ラブポケ|イラストレーター滝川悠のブログです。仕事や同人活動の情報や、趣味を紹介していくサイトです

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 拍手レス :: main :: メリクリ! >>
2007.12.14
「予約図書の準備ができました」というおしらせメールが届いていたので、
ちょうど昨日読み終えた本の返却も兼ねて、図書館まで散歩することに。
いちばん近い図書館まで片道40分くらいあるので、けっこういい運動になる!

――そして図書館で予約図書を受け取ると、あまりのボロボロっぷりにのけぞる…。

そんな人気図書だとは思わなかったよ、ごめんよ、こどグル…!o(´□`o)

ちなみに返却したのが『カシオペアの丘で/上巻』で、
借りたのが友だちから「一度は読め」と薦められた『孤独のグルメ』(笑)

おかげで司書のお姉さんからは(変な趣味…)と言わんばかりのあやしい微笑をいただいた(´▽`;)
(違うの…!これは私の趣味じゃなくて…!)とか脳内で軽く弁解しつつも、まあいいか、で
すませられるようになったのは歳をとったからなんでしょうか。まあいいか。

不思議な青の空

図書館からの帰り道、いつものように歩きながらぼーっと上を見ていたら、ぽつりぽつりと雨粒が…。
青空も見えるし、通り雨かなーってことでファミレスに避難することに。
ここで『孤独のグルメ』を読むのはさすがに寂しすぎるな…と思ったので、別に借りてきてた小説を
読んでいたら、隣に座っていたおじいさんが咳き込みはじめて、それが数分間ずっと続いていたので

「大丈夫ですか?お水をお持ちしましょうか…?」

と声をかけてみたところ、

「いや…水はいい、コーヒーにしてくれ」と。

リアルで初めて「ちょwwwwwおまwwwww」って脳内で思ったかも!(笑)
競馬新聞を広げてチェック中のおじいさんだったんですが、その一言で急にウィットに富んだ会話のできる紳士、みたいに思えるからすごい。ただのワガママだったらもっとすごい(笑)
いやあ、なんだかおもしろかった。
たったひとことなのに「咳大丈夫かなあ…」とか心配してた不安感が吹き飛んだのでした。

そうこうしてる間に雨がやんだので、外へ出て散歩のつづきを楽しみつつ家へもどることに。
ちょうど夕暮れ時だったので、一歩進むごとに景色がどんどん変わっていく!
せっかくなのでゆっくり眺めながら、写真撮ってみました。携帯なので、相変わらず荒いですけど…

夕暮れ1歩目 夕暮れ2歩目 夕暮れ3歩目

雨雲のきれいな夕暮れ空でした。